【プロフィール】ジョセップ・バラオナ・ビニェス
1966年スペイン・カタルニア地方生まれ。
1991年にスペイン料理店の料理長として来日。
以来、日本を始め、香港、ソウル、マレーシア、シンガポールなどアジア各国で開催されるスペイン料理のフェアにスペイン政府からの要請で赴き、スペイン料理 の魅力を伝える。
1997年東京・内幸町に「エル・パティ・デ・バラオナ」をオープン
2001年同店をピンチョス専門店「ピンチョス・ベポ」に転換
スペイン料理の洗練されたピンチョスを初めて日本に紹介し、一躍「ピンチョスブーム」を巻き起こす。
2002 年6 月新宿・河田町「小笠原伯爵邸」のオープンにあたり総料理長として招かれヌォーヴァ・コシーナ(新しいスペイン料理) を10数品からなるコースで提供、国内のみならずスペイン本国でも大いに話題を呼んだ。
2005 年愛知で開催された「愛・地球博(EXPO)」ではスペインパビリオン「タパス・バー」の総プロデュースを担当。
今や世界ナンバーワンシェフとの呼び声が高いフェラン・アドリア(「エル・ブジ」)を始め世界で最も注目されている スペイン人シェフ13人のコラボレーションメニューを実現させる。
また、スペインパビリオン内のレストラン「tapas bar(タパス・バー)」は、EXPO 来場者によるレストランアンケートで常にナンバーワンを獲得した。
2005 年9 月小笠原伯爵邸を退職。
現在は、自身のアトリエ「L’estudi(レ・ストゥディ)」を主宰、一日一組のみの予約、事前の打ち合わせが不可欠、という「注文の多いレストラン」のシェ フとして厨房に立つ他、店舗プロデュース、セミナー、ケータリングなど多方面でスペイン&カタルニア料理の魅力を伝えている。
2007年伊勢丹新宿店本館地下1 階食料品フロアに新たにオープンしたブランド「タステッツ」のプロデゥースを担当。
2008年3月赤坂Biz タワー内に” モダン・カタラン・スパニッシュ” レストラン「BIKINI」(ビキニ)オープン。
2008年8月渋谷マークシティ4Fに”カタラン・スパニッシュ”レストラン「BIKINI TAPA」(ビキニ タパ)オープン。
カタルニアの伝統料理を現代風に進化させた本格スペイン料理を提供する。
2008年6月20日「文民功労勲章銀十字型章」スペインの美食文化の普及に務めて来た功績をたたえられ大変名誉 ある賞を受賞した。

【著書】
「Pintxos ピンチョス」(文化出版局)
「ピカピカピンチョス」(柴田書店)
「Tapas タパス」(長崎出版)

TV, 雑誌とのコラボレーション多数

▲このページのトップへ